インプラント 治療 医療費控除について

インプラント治療で医療費控除

健康な人は、一年間にかかる医療費などたいしたことがないかもしれません。
しかし、よく病院に行く人にとっては、一年間の医療費が数万円などということも珍しくないでしょう。

 

一年間の医療費が10万円以上かかったら、医療費控除で支払った料金の一部が返ってきます。
この制度は申請をする必要がありますが、五年前の医療費までさかのぼって申請できるので、
今まで医療費をたくさん支払っていた覚えがある人は確認してみてください。

 

いくら何でも一年間に10万円もの医療費はかからないという人でも、
自由診療の医療を受けた場合は医療費控除の対象となるかもしれません。
自由診療とは、健康保険が適用されない診療です。
医師が自由に診療費を決めることができ、美容整形や審美歯科、インプラント治療も含まれます。

 

これらの治療費は、一般に高額になりがちですよね。

 

 

インプラント治療は、安いところでも10万円以内におさまることがあまりありません。
そのため、医療費控除の申請をして一部返金してもらったほうがよいでしょう。

 

医療費控除では、診療費の他に公共交通機関を利用した費用も対象となります。
電車やバスなどを利用して病院に行った人は、日付と乗車区間をしっかりメモしておきましょう。
医療費のほうは、領収書が必要になります。

 

大体、医療費控除額に所得税率をかけたものが還付金額となります。
所得税率は総所得金額の5%から40%ですから、
あらかじめ目安の還付金額を計算してみることもできますね。

 

インプラント治療のカウンセリング

インプラント治療は他の歯科治療とは別格で、複雑な治療が行われます。
手術を伴うだけでも大掛かりですが、術後に感染症になったりするリスクがあったり、
術前に虫歯や歯周病を完治しておかなければならないといった注意もあります。

 

 

これらの事前説明はカウンセリングの際にあるはずですが、
自分なりの質問などもカウンセリングでは相談することができます。

 

できればメモを持って行き、聞いたことを書き留めておくと、後々参考にすることができるでしょう。
カウンセリングの際には、自分の症例に似たケースを写真で見せてもらえるか相談してみてください。

 

このとき遠慮なく提示してくれるような歯科医なら、安心して治療を受けられそうです。
仕上がりやトラブルの可能性など、個人によって違いが出てくる治療ですから、
治療を受ける前には慎重になっていろいろな点をしっかりチェックしておくべきです。

 

 

できれば、カウンセリングもインプラントの埋め込みも、一人の医師が担当しているほうが安心です。
トラブルが起こったときには緊急を要することもあるので、
病院に行ったときに担当医がいないというのでは困ります。

 

技術が進歩したとはいえ、誰でも行える治療ではありませんから、
歯科医と歯科医師の選び方には気合を入れて挑みましょう。