インプラントの破損

インプラントの破損

インプラント治療は、顎の骨に器具を埋め込んで人工的な歯をつける手術です。
一般的な歯科治療よりも大掛かりで、なおかつ手術後にも定期的なメンテナンスを行う必要があります。
歯科医にときどき通うことはもちろん、自宅でのケアもきちんと続けなければなりません。
せっかくお金をかけて治療をしたのに、インプラントの寿命を短くしてしまうのは惜しいことです。
そのため、歯科医では定期健診で問題が生じていないかどうかを確かめます。
器具の破損やゆるみ、インプラント周囲炎などの炎症が起きていないかどうかも診てみらうのです。
インプラントにぐらつきが出てくると、自力ではどうにもなりません。
早めに歯科医に行き、処置をしてもらうようにしましょう。
そのままにしておくと、周囲の歯に悪影響を与えかねません。
せめて自宅で出来ることは、抗菌です。
まめに歯を磨くようにして口内を清潔にし、食べ物で歯茎などを傷つけないようにすることが大切です。
当たり前のことですが、市販の接着剤で応急処置をしようなどと考えてはいけません。
歯だけの問題で済まされず、他の部位にトラブルが生じてしまう可能性もあるからです。
接着剤をつけて何とかなったという人の意見を参考にしても、真似はしないようにしてください。
細菌がこもってしまい、もっと最悪の事態になることがあります。