インプラントの破損

インプラント治療は、顎の骨に器具を埋め込んで人工的な歯をつける手術です。
一般的な歯科治療よりも大掛かりで、なおかつ手術後にも定期的なメンテナンスを行う必要があります。
歯科医にときどき通うことはもちろん、自宅でのケアもきちんと続けなければなりません。
せっかくお金をかけて治療をしたのに、インプラントの寿命を短くしてしまうのは惜しいことです。
そのため、歯科医では定期健診で問題が生じていないかどうかを確かめます。
器具の破損やゆるみ、インプラント周囲炎などの炎症が起きていないかどうかも診てみらうのです。
インプラントにぐらつきが出てくると、自力ではどうにもなりません。
早めに歯科医に行き、処置をしてもらうようにしましょう。
そのままにしておくと、周囲の歯に悪影響を与えかねません。
せめて自宅で出来ることは、抗菌です。
まめに歯を磨くようにして口内を清潔にし、食べ物で歯茎などを傷つけないようにすることが大切です。
当たり前のことですが、市販の接着剤で応急処置をしようなどと考えてはいけません。
歯だけの問題で済まされず、他の部位にトラブルが生じてしまう可能性もあるからです。
接着剤をつけて何とかなったという人の意見を参考にしても、真似はしないようにしてください。
細菌がこもってしまい、もっと最悪の事態になることがあります。

インプラントの脱落

歯が欠けたり抜けてしまったときの治療に差し歯がありますが、差し歯には抜けてしまうときがあります。
ちょっとやそっとのことでは抜けませんが、硬いものを食べたりぶつかったりしたときに差し歯が抜けたという人の話を聞いたことがありませんか?その点、インプラント治療をすると歯が抜けることはないと言いたいところですが、インプラントにも脱落の可能性がわずかにしろあります。
原因として考えられるのは、手術の際に雑菌が侵入して感染症に陥ってしまったケース、インプラント埋め込み時に骨にかかる圧力が強くて炎症が起きてしまったケースなどが挙げられます。
これらはいずれも、歯科医側のミスです。
一方で、喫煙が原因となるような患者側のケアレスによるインプラントの脱力もあります。
不思議に思うかもしれませんが、タバコをすっていると血管が収縮するためにインプラントと骨がうまく結合しなくなります。
するとインプラントが脱落してしまう可能性が高くなるのです。
タバコは百害あって一利なしともいいますし、インプラント治療をきっかけに禁煙してみるのもいいかもしれませんよ。
いまや禁煙は、お薬でも成功することができます。
禁煙補助剤を処方してもらいながら、インプラント治療を行ってくれる歯科医もあるそうです。
この他、自宅で口内のケアを怠ったことによりインプラント周囲炎などになってしまうと、インプラントが抜け落ちてしまうことがあります。
歯科医の定期健診も、きちんと受診するようにしましょう。

インプラントがぐらついてきたら

インプラントの治療は、手術終了で治療終了というわけではないんです。
術後のメンテナンスが重要で、メンテナンスをサボってしまうとせっかく高いお金を払って入れたインプラントが短命になってしまいます。
定期的に歯科医院を訪れてメンテナンスを受け、問題や異常がないかどうかを調べてもらいましょう。

 

治療後にインプラント周囲炎になってしまったり、危惧の不具合やネジのゆるみがあったり、破損によってインプラントがグラついてしまう場合があります。
インプラントのグラつきは自然には治りありません。自分でどうにもできませんよ。
グラついていると感じた時には必ず治療を受けた歯科医院に連絡し、診てもらって適切な処置をしてもらいましょう。

 

インプラントがグラついた状態のまま放置していると、周りの健康な歯に悪影響を与えますよ。
予約の関係で受診まで時間がかかる時には、で毎日口の中を清潔にキープしておきましょう。
丁寧にブラッシングしうがいをこまめにして、グラつきを悪化させる硬い食べ物は避けるようにしましょう。

 

グラついている部分にさらに負担をかけてしまうと、グラつきが酷くなったり、グラつきだけでなく痛みや腫れが起こることもあります。
グラつきが気になるからといって、自己流で人工歯のグラついている部分を瞬間接着剤で固定するといったことは、決してしないでください。
自己流な対処のせいで噛み合わせが悪くなってしまったり、インプラント治療した箇所だけでなく周りの健康な歯にまで悪影響が出ことも考えられますので要注意です。

 

また、自己流で接着剤を使ってしまうと、一緒に虫歯菌や歯周病菌などの細菌を閉じ込めてしまう可能性がありますよ。
細菌を閉じ込めてしまうのは恐ろしいことで、口臭の原因となったり、インプラント周囲炎の原因となる可能性もあるんです。恐ろしいですよね。

トップへ戻る