インプラント治療は妊婦でもOK?

インプラント治療は妊婦でもOK?

インプラント治療は妊婦でもOK?

妊娠すると、女性の体には様々な変化が訪れます。
特に顕著になるのが歯の問題で、妊娠してから虫歯が悪化する妊婦さんも多いのです。
日頃からデンタルケアには気を配っておきたいものですが、インプラント治療を受けるときにはさらなる配慮が必要です。
インプラント治療では、埋め込みから二次手術、型取りなどのいくつかの手順があります。
それぞれに注意すべきことがあるのですが、妊娠自体にも週に応じて心身に変化があります。
妊娠初期の1ヶ月目から4ヶ月目頃には、精神的にも安定しないことが多いものです。
インプラント治療には手術が必要になるため、この時期の治療は避けておくのが無難です。
痛みによるストレスがたまり、胎児や母体によくない影響が出るかもしれません。
妊娠5ヶ月目から7ヶ月目頃になると、精神状態も体調も安定してきます。
インプラント治療でも人によっては顎の骨の移植などが必要になりますが、その場合はやはり避けておいたほうがよいでしょう。
妊娠8ヶ月目以降になってくると、子宮に血液が集まるようになります。
この頃も、インプラント治療には不向きです。
どうしてもという場合でない限り、妊娠中のインプラント治療は待っておいたほうがよさそうですね。
インプラント治療では、通常の虫歯治療などと違ってメスを用いるような手術が入ります。
痛みや緊張、ストレスなどで早産や流産を起こしてしまう恐れもありますから、歯科医師とよく相談してください。
なお、手術の際に使われる麻酔薬は、リドカイン(キシロカイン)という薬です。
ごくわずかに使われるだけですから胎児への影響は心配ないといわれますが、この他の麻酔薬が用いられる場合には要注意です。

 

 

インプラント治療は、インプラントの埋め込み・2次手術・型どりなど、幾つものな段階があります。
妊娠中のインプラント治療は、妊婦さんの週数に応じて治療していきます。埋め込み手術の時期は慎重に検討しなければなりません。

 

妊娠初期である1~4ヶ月頃の妊婦さんはツワリがあったり精神状態が不安定であることが多いので、この時期には治療を避けるのが賢明でしょう。
インプラント治療での過度の緊張や痛みや恐怖感は、妊婦さんの体にも精神面にも良くありませんし、流産の可能性を高めるという恐ろしいデメリットがあります。

 

安定期と呼ばれる5~7ヶ月になり、妊婦の精神状態や体調が安定してくれば、骨を移植するといった大規模な手術を除けば問題はないと言えるでしょう。

 

出産が近づく8ヶ月以降は、出産に備え血液の約20%が子宮に集中しているので、インプラント治療は避けるようにしましょう。
インプラント治療による過度の緊張や痛み・恐怖から貧血を起こしてしまっては大変です。早産を引き起こす危険性もあることを知っておいてください。

 

歯科治療で使われる薬剤も気になりますよね。歯科治療全般で使用される麻酔薬はリドカイン(キシロカイン)というものです。
このりドカインは胎盤を通過するものの、無痛分娩などで使われる量と比較するとごく少量なので、胎児への影響は心配ないでしょう。

 

それに対し、血管収縮剤(フェリプレシン)であるシタネストのような薬剤を含む麻酔薬は、妊婦さんには使用しないと決められています。分娩を促してしまう作用があるためです。

 

妊娠中のインプラント治療において、身体的または精神的に不安や心配・疑問がある場合には、歯科の担当医に相談して、歯科医から産科の主治医へ、インプラント治療を行っても問題がないかという書面を書いてもらい、確認をとってもらえますよよ。
歯科医から産科医に確認をとってもらえれば安心して治療を受けられますね。

トップへ戻る