誰もがインプラント治療を受けられるわけではない

誰もがインプラント治療を受けられるわけではない

誰もがインプラント治療を受けられるわけではない

様々な原因で歯を失った場合には、なるべく早く治療に行きましょう。
治療をせずに歯が抜けたまま放置しておくと、健康であった他の歯にまで悪影響を与える原因になりえます。

 

歯の治療方法の1つとして挙げられるのがインプラント治療と呼ばれる治療法です。
顎の骨にインプラントという人工歯根を埋め込んで、人工歯根に義歯を装する方法です。ブリッジの時のように両隣の健康な歯まで削る必要がないのは、魅力的なメリットです。

 

しかしながら、誰もがインプラント治療を受けられる・・・というわけではありませんよ。
人工歯根を顎骨に埋め込むので手術をしなければなりません。一般的な歯科治療とは異なりますので持病がある場合は要注意です。
高血圧症、心臓疾患などの循環器系疾患やぜんそくなどの呼吸器系疾患を持っている方は要注意ですし、糖尿病や骨粗しょう症、肝臓や腎臓などの内臓系の機能障害があるという方も十分に注意しなければなりません。

 

また、現在服用している薬がある方の中にも、薬によってはインプラント治療ができない場合もあります。
インプラントによる歯科治療を行う前には、必ず全身の健康状態や服用している薬について、歯科医師からチェックが入ります。正確に答えられるようにしておきましょう。

 

インプラント治療はチタンなどの金属を顎骨に埋め込むという方法なので、治療すべき部分の顎骨が、磨耗で少なくなっていたり、生まれ持った細かったりすると、治療が難しくなるんです。
手術の前や手同時に骨を作る施術をプラスすればインプラント治療ができるようになりりますが、身体への負担が増えることになります。

 

その他にも、歯周病になっていたり、喫煙者の場合には、インプラントの寿命が短くなるのだそうです。
インプラントを長く使用するためにも、まずは歯周病を治療して治し、喫煙者は禁煙、もしくは喫煙を控える必要があります。

トップへ戻る