どのインプラントシステムが良いのか

どのインプラントシステムが良いのか

どのインプラントシステムが良いのか

顎骨にチタンやチタン合金などの金属を埋め込んでなくした歯を補うのが、インプラント治療法です。
しかしひと言でインプラントと言っても、特徴が異なる様々なシステムがあります。

 

様々なシステムの中からどのインプラントシステムが最適かは、患者の症状や口腔内の環境により異なります。
患者の口腔内の状態や症状、治療する部位によってどのインプラント治療が指摘かというのは変わってきます。
一番目立つ前歯の審美性を重視する、手術する回数が1少ないものなど、患者が何を重視するのかでどのインプラントシステムを選ぶべきかというのは変わってきます。

 

インプラント治療を受けるのであれば、覚えておいてほしい事があります。
自分が今まさに受けようとしているインプラントシステムが、一般的ななものであるかどうかということです。

 

インプラントシステム治療には、それぞれ独自の器具が必要となります。なので、例えばA社製のインプラントをB社製の器具で施術するということができないのです。
そのため、一般的でないまだまだマイナーななインプラント治療を受けた場合には、治療後のメンテナンスやリカバリー治療時に対応できる歯科医院が少ないという問題が起こる場合もあります。
一般的で広く扱われているインプラントシステムであれば、取り入れている歯科医院も多いでしょうから、そのような心配事は少ないでしょう。

 

インプラントの材料費ですが、海外のものよりも国産であればインプラントは安価になります。
しかし、万が一海外移住を検討されている方や、治療後に海外移住になる可能性がある場合には、日本で治療したインプラントを海外でメンテナンスするのが難しいというケースもあります。
インプラント治療では、場合によって術後のメンテナンスやリカバリーといった作業が困難になることもあるというケースを知っておきましょう。

 

インプラント治療をお考えの方は、インプラントシステムの種類と術後に起こりうるリスクというものを想定しておく必要があります。担当医にしっかり相談しておきましょう。

トップへ戻る