顎の骨がやせてしまう原因

インプラントを埋め込む顎骨に十分な幅や高さ・強度がなければ、インプラント治療が困難になる場合があることも知っておきましょう。
インプラントの土台となる顎骨が十分でなければ、インプラントの埋め込み手術ができません。
ただし、顎骨が十分でなくとも顎骨を造る手術をすることで、インプラント治療が可能となります。

 

顎骨は、状況や環境によって痩せてしまうことがるんですよ。
なぜ顎骨は痩せてしまうのでしょうか?

 

健康な歯と歯茎あれば、顎骨もしっかりしています。
これは健康な歯と歯茎が存在することで、食べ物を噛むときに十分な圧力がかかり、顎骨全体を刺激し鍛えることができるからです。
しかし、虫歯や歯槽膿漏などの様々な理由で歯を失うと、食べ物が十分に噛めなくなるので顎に加わる圧力や刺激が減っていきます。
そして刺激や圧力を受けなくなった顎骨部分は衰えいき、顎骨はどんどんが退化していきます。
このよう歯や歯茎は不健康となり顎骨が退化し痩せてていくケースは「骨の吸収」と呼ばれています。

 

歯や歯茎の不健康という理由以外にも顎骨が痩せる原因はあります。
顎骨が痩せてしまう原因の1つとしてあげられるのが「歯周病」です。

 

プラークの中の細菌が歯周ポケットに入り引き起こされるのが、歯周病です。
歯周ポケットに入りこんだ細菌が、歯の土台となっている骨を溶かして破壊し、歯が抜け落ちるのです。恐ろしいですよね。
歯が抜け落ちるまで歯周病が進行しているとすれば、骨の吸収がかなり進んでいるでしょう。

 

また、その他の原因として生まれつき・体質として上顎の骨が薄いという方もいらっしゃいます。
生まれつき顎骨が薄い方が上顎の奥歯を欠損してしまうと、元々薄かった骨がさらに薄くなってしまうんです。

 

顎の骨が痩せている場合には、インプラント治療開始前に、まずは骨を増やすための手術が必要となりますよ。
ただし、顎骨を増やす手術というのはどこの歯科医院でも受けられるというわけではありませんので注意が必要です。

トップへ戻る