タイトル
貞淑妻の肉欲治療 結城みさ
収録時間:120分
貞淑妻の肉欲治療 結城みさ
無料サンプル動画を見る
商品詳細
配信開始日:2014/06/05
商品発売日:2014/06/07
収録時間:120分
メーカー名:マドンナ
出演者:結城みさ
監督名:小山雅継
レーベル名:Madonna
ジャンル名:ハイビジョン,独占配信,単体作品,デジモ,ドラマ,美乳,人妻・主婦,寝取り・寝取られ・NTR,熟女
レビュー数:6
レビュー平均点:4.33
配信価格
STREAM : 300円
DOWNLOAD : 590円
HD : 980円
ANDROIDDL : 590円
IOSDL : 590円
説明文
夫を愛し夫の為に生きてきた貞淑な妻・みさ。「夫に嫌われたくない…夫を失いたくない。」一心で、夫の前では純真な妻を演じてきた…。そんなある日、謎の患いで入院する事になったみさは、深夜の診察室で医者とナースの痴態を目の当たりにしてしまう。それ以来、夫の前では必死で隠してきた淫らな本性が疼きだし、夫から離れた入院生活で肉欲の連鎖に襲われる…。

特集

サンプル画像
サンプル画像-1
サンプル画像-2
サンプル画像-3
サンプル画像-4
サンプル画像-5
サンプル画像-6
サンプル画像-7
サンプル画像-8
サンプル画像-9
サンプル画像-10
ユーザーレビュー


★★★★★ にじみ出るエロさに脱帽


AV女優として多くのファンに愛されたみさ嬢が、引退前に撮りだめした作品の一つなのだろうが、その中でも優れた作品と言えるだろう。物語の展開にも工夫が感じられ、子宮を震わすような官能、陶酔表現が得意なみさ嬢にぴったりの状況設定であることと、出来栄えの良さを勘案すれば、本作を代表作の一つに据えてもいいかも知れない。均整のとれた美乳の肢体は相変わらず見事。手足の先まで行き届いた感受性やよがり声、快感表現はエロの極み。最後の最後までファンを楽しませてくれた第一級のAV女優、みさ嬢に感謝の拍手。


★★★★★ かなり良かった


今さらこんな古い作品のコメント読む人もいないでしょうが、とても良かった。演技が過剰で今一つの女優さんでしたけど、これは良かった。上品な奥さんが田渕にやられて目覚めてく感じが上手く出てたし、最後の沢木の旦那さんとやる時が、過剰なぐらいがむしろ良かった。もともと顔と身体は好みだったんですが、いいと思える作品なかなかなく、ひょんな事でたまたま観たんですが、佳作でした。涎を随所で垂らしまくってます。とっくに引退残念ですね。


★★★★★ ストーリー性があって良い


カウンセラー的な医師との病室での絡み…これまでいくつか彼女の病院物の作品はありましたが
この作品は少し変わった彼女の役所が違います。
夫婦の性生活に不安と疑問に陥った彼女がこの医師によって治療されていくというストーリーです。
いつもの、みさ嬢の演技は言うまでもなく見てるものをその気にさせてくれますが映像も病室から逆光で差し込むなど
素晴らしいです。みさ嬢の裸体が逆光に浮かび上がっての絡みは秀逸です。男優もベテランでドラマ仕立てで興奮しました。
また一つ結城ファンである私のお気に入りが増えました。
もう彼女は引退しましたがまたいつか再びカムバックしてくれるのを願いたいです。


★★★★★ みさみさの真骨頂


最近はコスッたネタばっかりでつまんないなーと思っているみさみさファンよ、
この作品でぜひ楽しんでくれ。
王道だが期待を裏切らないストーリーと間違いない配役、
そして滲み出るエロさを演じさせたら右に出る者がいないみさみさを
素晴らしいアングル(若干暗かったが)で捉えていてとても良い。
テキトーな脚本と設定で前に見た感がハンパない駄作を10本見るより
こういう中身のあるきちんとした作品を1本見た方が良いね。
久々にみさみさで超興奮した。


★★★★★ 演技派AVの傑作


 結城みさは美しい。モデル体型より少し太めだがほぼ理想的な体型ではないだろうか。しかし、本作は暗い中でしかも逆光で撮っているのでよく見えない。明るいところでは年齢が見えてしまうのかもしれない。少し寂しい。
 初撮りシリーズのように素人の女が本気で感じるAVも良いが、本作はベテランの男優と女優がすさまじい演技を見せる。
 医者との絡みが2回。まずはためらう女優を言葉と愛撫でゆっくり抵抗力を失わせて挿入して1回目。2回目は発情した女と最初から全力で絡む。実は不倫に見えたがこれが治療で、夫婦の性の不一致が解決し最後に夫婦による長く激しいセックスがある。なかなかパンティを脱がせずに女優の股間をしつこく揉みしだく愛撫が個人的に好き。特に光沢のあるブルーの下着のその部分に愛液のシミができるところが特に好き。
 保存版である。


★☆☆☆☆ 暗くて不鮮明な映像作品


照明が不足していて薄暗い映像の連続です。
目が点になってしまいました。
アダルト作品としての使用価値はまったく感じられませんでした。